「痛みを抑えた」女性ドクターによる優しい小児歯科|ハーベストデンタルクリニック|広島県福山市の歯医者・歯科

  • 駐車場8台完備
  • 複数ドクター/女医も在籍
電話でお問い合わせ 0120-52-4122

メイン画像

「他院では通えませんでしたが、
ここなら通えた!

このような嬉しいお言葉を
親御さんから頂いています。

育児経験がある、
小児専門ドクターが担当します。

また、当院には
キッズスペースがありますので、
楽しみながら来院していただけます。

キッズスペース

小児歯科治療のご紹介

小児治療専門の「育児経験」がある「女性ドクター」が担当

女医と子供の戯れ

女医

当院には小児歯科治療を専門に行っている女性ドクターが在籍しています。
子供の治療に長け、様々な経験、知識があります。
歯医者嫌いだったお子さんでも最終的には「歯医者、大好き!」となるお子さんも多くいらっしゃいます。

子供に歯医者へのトラウマを与えたくない、歯医者嫌いの子供をなんとかしたい、とお考えの方、見学だけでもいいですので、是非一度お越しください。

また、女性ドクターは育児経験もありますので、子育ての相談や、子供の健全な発育のために必要な情報の提供も行っています。

その他、「子供が喜ぶ」
次のような取り組みも実施!

キッズスペースでのお遊び

キッズスペース

当院にはキッズスペースがあります。
お子さんの治療前のリラックスタイムとして、また、親御さんやご兄弟が治療中、安心して預けられる場所として利用いただけます。

治療終了後のプレゼント

おもちゃ

治療を頑張ったお子さんには、プレゼントをお渡ししています。これが楽しみで来院されるお子さんもたくさんいます!

当院の、子供の治療に対する「考え方」

当院がお子さんと接する際に大切にしていることをお伝えします。
当たり前のことかもしれませんが、とても大切なことです。

親御さんだけでなく、お子さんにもしっかり説明します

小さいお子さんもしっかり説明することで必ず理解してくれます。
当院での虫歯治療を経て、お子さんが自らの力で歯を守る気持ちを育み、予防の意識を高めます。

お子さんが泣いても騒いでも、決して怒りません

お子さんのすべてを受け入れます。

嘘はつきません

「すぐ終わるよ~」等の嘘をつくと、お子さんとの信頼関係は築けません。

できたときは、心から褒めます

お子さんの成長を喜び、自立を促します。

無理強いは決してしません

治療ができるようになるまで粘り強く。押さえつけることはしません。

院長

これが当院の基本方針です。
子供だからと言って特別なことはしません。
人と人」の関係。それを見失ってしまうと、「信頼関係」は築くことはできませんし、当然、治療に協力してくれません。

お子さんの思いに寄り添い、その子の治す力を引き出し、お子さんの力で歯を治していきます。

その為に、お子さんとの信頼関係をしっかりと築き、成長、自立を促すこと。これが大切です。

「痛みを抑えた」処置を行っています!

診療

痛いのが嫌なのは大人も子供も同じですよね。
特にお子さんの場合、この「痛み」が歯医者嫌いになる主な原因となりますので、当院では次のステップを踏んで、可能な限り痛みを抑えた治療を実施しています。

Step1表面麻酔

表面

歯医者での痛みの多くは、麻酔注射をする際の痛みです。
当院ではすぐに麻酔注射をすることはしていません。
まずは、注射する部位を「表面麻酔」というものを利用して、麻痺させ、その上で麻酔注射をしますので、ほとんど痛みを抑えられます。

Step2「極細の針」を使用

針

針は細ければ細いほど痛みを軽減させます。
当院では現在発売されている中でも極細の針を使い、ソフトに注射することで痛みを抑えています。

虫歯の早期発見、早期治療に役立つ「ダイアグノデント」

ダイア

ダイアグノデントとは、肉眼では発見できない虫歯を発見できる機器です。
初期段階の虫歯には痛みがなく、かつ、経験豊富なドクターでも判別しにくいことがあります。 そこで活躍するのが「ダイアグノデント」です。この装置のメリットについてご紹介します。

データ

  • 「経験や勘」ではなく、データで虫歯の有無を判断
  • 従来は発見が困難だった小さな虫歯を早期発見
  • 虫歯検出率90%という高い信頼性
  • 治療後にも再チェックするので、再発リスクを軽減

早い段階で虫歯を発見できれば、歯を削る量は少なくなります。
またケースによっては削らずに経過観察で済むこともあります。

よく、「どうせ大人の歯に生えかわるので、子供の歯は大切にしなくてもよい」と考える親御さんがいます。これは誤った認識です。

なぜならば、子供の歯は、大人の歯が適切に生えてくるための「誘導係」的な役割を果たしているためです。子供の歯が虫歯でダメになってしまい抜歯すると、その下に埋まっている大人の歯が適切に生えてこないことがあります。

また、抜歯まで行かなくても、子供の歯が虫歯に侵されていると、大人の歯にも感染し、すぐに虫歯になってしまうこともあります。

子供の歯だからではなく、虫歯の早期発見、早期治療が何よりも大切です。
そしてまた当院では、治療後の原因追求をしっかりと行い、その子に合ったアプローチで予防していきます。

お子様が予防したくなるコミュニケーション

予防

知識は行動を起こす原動力!

「歯磨きはなんでするの?」「歯垢ってなに?」など、歯や予防に関する知識を自然に深め、興味を引き、行動に繋げていく対話を心がけています。

「歯並びが悪くなる兆候」を察知し、早い時期に対策します

悪い歯並び

一般的に行われている矯正治療では、対症療法としてガタガタになってしまった歯をいろいろと工夫しながら綺麗に整える治療を行いますが、それでは根本的な改善にはなりません。その理由として、一度並べた歯が時間の経過とともに後戻りしてしまうことからも分かると思います。

つまり、歯並びが悪くなる原因にアプローチすることで、そもそも歯並びが悪くなることを防ぎ、たとえ悪くなったとしても、簡易的な処置で歯並びを整えることができるようになります。

床矯正

具体的には、歯が生える「顎のスペースを広げるアプローチ」や、「歯並びが悪くなる悪癖(口呼吸、舌癖など)」を改善することを当院では行っています。

当院では「MFT(筋機能訓練)」「床矯正」「マルチファミリー」という装置を利用し、子供の歯並び改善を行っています。
詳細は矯正歯科をご覧ください。

マタニティ歯科外来のご紹介

イメージ

生まれてきたお子さんの健やかな成長には、親子をはじめ家族とのスキンシップが欠かせません。だからこそ、生まれてきたお子さんへ虫歯菌を移さないよう、お母さんやご家族の虫歯菌を少なくすることが大切です。

体制1:子育て経験のある女性ドクター/スタッフが多数在籍!

院長

育児経験のある専門のドクターや歯科衛生士がマタニティ外来を担当します。お子さんの虫歯を防ぐために何をすべきか、歯並びが悪くならないために何をすべきか等、これから生まれてくるお子さんの健やかなお口の成長を促すため、様々なアドバイスをさせていただきます。
また、育児経験が豊富なスタッフが揃っていますので、お口の健康の事以外にも育児に関してのアドバイスも可能です。

体制2:お母さん・お腹の赤ちゃんに負担のかからない取り組み

治療の必要がある場合、妊婦さんとお腹の赤ちゃんに負担のかからない時期を選んで治療を行い、お腹が大きくなってきた妊婦さんには、無理のない体勢で治療ができるような工夫をします。投薬やレントゲン撮影に関しても、お腹の子に影響がないよう十分に配慮しながら治療を進めて参ります。必要があれば産婦人科医と連携しながらの治療も実施します。

体制3:産後のフォローも万全です

キッズスペース

「産後」に治療を受けたい場合も当院であれば安心です。
小さなお子さんをどこかに預けて治療に出かけるのが難しい場合でも、当院はキッズスペースがありますので、お子さん連れで受診することも可能です。
また、お子さんの歯が生えてきたら一緒に検診を受けてもらう事も出来ます。
お母さんと一緒に歯科医院に慣れていくことで、お子さんが歯医者嫌いになることも防ぐことが出来ます。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

電話

〒720-2122 広島県福山市神辺町新湯野3-39-5

診療時間 
09:00 〜 12:30/// 
14:00 〜 19:00/// 
  • ※ ▲土曜日午後:17時まで
  • ※ 休診日:水曜・日曜・祝日
  • ※ 祝日のある週は水曜日も診察しております。

このページの先頭に戻る